外貨への期待

お金

日本円の価値が下がってしまうという思いは、誰しもが持っている不安要素です。 手持ちの資産を外貨へシフトしようとする動きは、もう既に始まっていることです。 また、ここ数年続いている日本国内の金利が異常に低いということも、資産を外貨に移動する後押しをしている要因であるといえるでしょう。

国内で利用できる外貨商品はいろいろありますが、ここ数年急激に口座数が増えている商品に「外国為替証拠金取引」があります。FXと呼ばれることの方が多いこの商品は、預金要素を持った他の商品とは異なる、ハイリスク商品です。

外貨投資の初心者は、まずはリスクの低い中長期運用形の外貨MMFや外貨預金から始めて、外貨運用に慣れてきたら短期向けのFXに挑戦することをお薦めします。

外貨MMFと外貨預金の違い

投資リスクが低い外貨投資商品には、外貨預金と外貨MMFがあります。この二つは、商品内容がかなり似ている部分があって、これから外貨を始めたいが違いがはっきり分からず困っているという人もいるのではないでしょうか?
外貨預金と外貨MMFの違いを簡単に比較してみました。

外貨預金の場合、定期預金は10万円程度から普通預金は1ドル程度からです。金利は固定金利。解約については普通預金については常時可能。定期預金は基本的に満期まで不可。手数料は1ドルにつき往復2円前後のところが多いです。元本保証は外貨建てはあるが、円建ては元本割れも生じます。

外貨MMFの場合、最低1セントから可能。金利は変動金利で解約はいつでも自由にできます。手数料は1ドルにつき往復1円前後のところが多いです。元本保証は外貨建ても円建ても生じる可能性がありますが、外貨では過去に元本割れを生じたことはないです。取扱金融機関は外貨預金が銀行だけに対し、外貨MMFは証券会社でも取扱っているので多少便利かもしれません。

リスクが全くないかというと、そうではありません。外貨での元本は保証されるものの、購入時点よりも円高に振れていた場合、その時点で解約した場合には為替変動による『為替差損』が生じます。それが何よりのリスクです。

少ない資金で外貨投資するなら

FXのレバレッジ

1,000円~、5,000円~、10,000円~など、少額資金で始められる外貨取引に、外国為替証拠金取引(FX)があります。軍資金にレバレッジを掛けることで、元金の何十倍もの取引ができるという魅力の反面、相場急変時のリスクも大きいのが特徴です。

FXのリスク回避方法はロスカットやレバレッジを押さえるなど、いろいろありますが、FX初心者はレバレッジを2、3倍にした長期運用のスワップ狙いがいいでしょう。長期運用でも、為替変動のリスクはありますから、ある程度の相場分析能力は必要です。

本トレードにどうしても踏み切れない場合は、デモトレードやバーチャルFXなどで、注文方法やチャートの見方、レバレッジのかけ方、手仕舞いの仕方、資産の管理やポートフォリオなど、ノーリスクでのトレーニングを積んでから本トレードをするのも良い方法です。