マネー教育

マネー教育という言葉を最近耳にすることが多くなってきました。一体マネー教育とは何なのか?
未来の日本のため、子供達のためにお金の大切さを教えるというのがマネー教育です。

現代では、支払い機能が付いた携帯電話やクレジットカードを高校生が持ち歩くといったことは普通のことになっていますが、使いすぎによって膨大な請求が来て、支払い不能になったりするケースもよくある話しです。

お金と言うものは簡単に手に入るものではないのです。
いくら自分の子供だからとはいえお金を欲しいと言われたり、クレジットカードを持たせて欲しいなどと要求されて、はいはいとあげてしまうなんてことはあってはならないことなのです。

お金をあげることは簡単ですが、稼ぐ力、増やす力、リスクに負けない精神力が、
マネー教育を通じて備わればという考え方なのです。

そのマネー教育の一環として注目されているのが株式投資です。
アメリカなどでは、もうすでに高校生や大学生が投資をしているというのは
珍しい話ではないのですが、日本ではそんな子供がいたら周りにビックリされますね。

子供達が生きることを楽しむために、お金を増やす方法を学ぶ手段として
株式投資はひとつの手段として考えられています。

子供達に正しいマネー教育をするためにも、大人は株式投資を含めたお金の考えを
しっかり勉強しなければならない時代がやってきたのかもしれません。

クレジットカードを持って、次から次と買い物やサービス購入をすることは、何の経済観念も生まれませんし、マネーセンスも養われません。日本でも本格的なマネー教育の導入が期待されます。

HOME > マネー教育